パスアズ代表によるご挨拶

代表によるごあいさつ

 2008年より、百年に一度と言われる世界不況が始まり、世界中の企業が今後ますます経済不安にさらされることになりました。10年にも及ぶ不景気を経験した日本企業は、海外企業と比べ不景気に強い体質と評価されますが、実際に日本社会で働く人間の一人としては、大きな危機感を感じております。やはり、前回の不景気下と同様に成長を維持しつつ、不景気に強い体質を構築していくことが、全ての企業において共通の最大課題となることは言うまでもないかと思います。また、企業様と同様に求職者の方も世界不況を発端とする不安定な雇用状況の中での求職活動になっています。

 現在の状況を踏まえ、WOW GROUPでは、2つの方針のもと企業活動を行います。
 方針の1つ目は、「派遣スタッフに安心・安定の雇用を提供する」ことです。一つの企業様のみで、長期間派遣を継続することは、現在の情勢を考えると難しいかと思われます。しかし、当社が複数企業様との架け橋となることで、派遣就業先企業様は変わるものの、派遣スタッフにとっての実質的な「雇用の安定」を作り出すことが出来ます。また、「雇用の安定」を作り出すことが、派遣スタッフの「雇用に対する安心感」を生み、仕事に集中できる環境を整えることに繋がると考えております。
 方針の2つ目は、「不景気下に強い企業体質の構築サポートに注力する」ことです。具体的には、企業様の支援サービスとして、パスアズを中心に人材コスト・人件費に効果のあるサービスの強化を行います。中でも、パート派遣は「派遣価格」と「全体的な人材コスト」を考えて作られたサービスですので、このような情勢の中、企業様の戦略的ツールとして非常に有用なものだと自負しています。
 私どもは、「長期的・低価格」というコンセプトを掲げておりますが、それは長い目でみればお客様と「ともに成長」し、「ともに前進」することにしか、私どもの発展もないと考えているからです。

 WOW GROUPは、「人材」「雇用」の面から企業様・求職者様・派遣スタッフの皆様の立場になり、最大効果の提案を行うことをお約束いたします。


2009年1月1日
代表取締役社長
大塚 徹也