活用方法~パート派遣の上手な使い方~

 パスアズのパート派遣は、全ての会社にお使いいただける派遣システムです。
 パート派遣には、大きく分けて2通りの活用方法があります。「ワークコア」パート派遣システムと「ワークシェア」パート派遣システムです。コストパフォーマンスに優れたパート派遣を貴社に合った方法を選択し、ご利用いただけます。

ワークコアとは

 従来までの派遣社員の勤務時間・勤務日を見直し、業務量に合った勤務のみに絞り込む派遣システム。

コアタイム

(例)1日の勤務時間を「8時間→6時間」に絞る(30%~40%の人材コスト削減)

ウィークリーコア

(例)1週間の勤務曜日を「月~金→月・水・金」に絞る(40%~50%の人材コスト削減)

マンスリーコア

(例)一月の勤務日数を「平日全て→月初10日間」に絞る(50%~60%の人材コスト削減)

ワークシェアとは

 全体的な勤務時間・勤務日は変えずに、人数を増やして分担(シェア)させる派遣システム。

デイシェア

(例)1日の勤務を「1人で9時~17時→2人で9時~13時と13時~17時」に分担させる(15%~25%の人材コスト削減)

ウィークリーシェア

(例)1週間の勤務曜日を「1人で平日全て→2人で月・水・金と火・木」に分担させる(15%~25%の人材コスト削減)

パート派遣の各活用方法のご説明

コアタイム(時間指定)

コアタイム(時間指定)の業務量の変動イメージ

1日の業務量の増減に合わせて、時間を指定することができます。
<例えば>
昼過ぎにかけて忙しくなる…10時~15時を指定
午前中に業務が集中する…9時~13時を指定

ウィークリーコア

ウィークリーコアの業務量の変動イメージ

曜日によって業務量が変化する場合は、曜日指定をご利用ください。
<例えば>
週始めは週末の処理で忙しい…月・火を指定
業務量は多いが、毎日は必要ない…月・水・金を指定

マンスリーコア

マンスリーコアの業務量の変動イメージ

繁忙期に合わせてまとまった複数日を指定いただくことも可能です。
<例えば>
経理部門の繁忙時期に合わせて…月末5日間を指定
データ入力量が増える時期…月末・月初の10日間を指定

デイシェア

デイシェアの業務量の変動イメージ

フルタイムの勤務を時間帯ごとに複数のスタッフで分担出来ます。
<例えば>
1日中必要である・・・フルタイムを2人で分担する
急な欠勤に対応したい・・・2人体制で補完する

ウィークリーシェア

ウィークリーシェアの業務量の変動イメージ

曜日によって業務量に大きな差がある場合は、複数人でシフト調整します。
<例えば>
業務量の差が大きい
効率的に人材を使いたい